ケフィアの種継ぎ

ケフィアの種継ぎに成功しました!

既成のケフィアから種継ぎしちゃいました。

本当はやらない方がいいともネットで見たりしますが、やっちゃいました。

挑戦される方はすべて自己責任でお願いします。

ケフィアの既製品は高いので、私は手間でも自分で作っています。

便秘解消に効果があると私も旦那さんも実感しています!

種継ぎはヨーグルトの種継ぎとほぼ同じ感じで簡単にできました。

使う器具は煮沸し、手はきれいに洗ってから作りましょう。

1、ケフィアの完成品を煮沸したビンに小さじに山盛り2杯程度入れる。

2、20~30度くらいの牛乳を400mlほど入れる。

(低温殺菌牛乳を使う場合は、沸騰寸前まで熱してから、20~30度に冷まして使います。)

最初に100mlほど入れてビンを軽く回してケフィアと牛乳をなじませ、残りの牛乳を一気に入れると、スプーンを使わずに済みます。

3、寒い部屋なら保温して一日置くと完成。

私の家は寒いのでプチプチでぴっちり包んで、100円ショップの保温バッグに入れて放置しています。

6時間ほど経ってビンを斜めにしてみると、液状の牛乳が少し固まっています。

プチプチをとるとヨーグルトのにおいがします。

雑菌が入ると台無しなのでフタは開けません。

12時間、20時間、など時間の経過とともに固まります。

冷蔵庫で冷やせば発酵が止まるのでそれ以上は固まったり酸っぱくなったりしないようです。

ご自分のお好みの固さや酸っぱさの時間を覚えて、次回から作るといいと思います。

使う牛乳は成分無調整牛乳がいいと思います。

種と牛乳の割合は、うすくても既成品のケフィアに似たものができました。

なので私はきっちり計らずに適当にスプーンですくって、牛乳も適当にお鍋に入れて沸かして作っています。

便秘知らずと言いたい所ですが、

新しい職場に慣れるまでは会社で出なかったりで、

毎日出たとは言えませんが、出るときは立派なのが・・・